troushoo

Python のデバッガー pdb の基本的な使い方の紹介

概要Python のデバッガー pdb の使用方法を紹介します。内容1. [python3 –m pdb <python ファイル>] でデバッグ開始します。また、ソースコードの中に [import pdb; pdb.set_trace()] と記述することで、該当部分が呼ばれた際に pdb が呼び出されるようにすることも可能です。2. デバッガーに制御が移ります。3. [l] でソースコードが表示されます。4. [b <行番号>] でブレークポイントを張ることができます。[b] で現...
  1. 2017/06/01(木) 22:20:39|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

nc : TCP のポートに ping できる Linux のツール

TCP のポートに ping できる Linux のツール nc を紹介します。同種のツールに、Windows では psping や、PowerShell の Test-NetConnection コマンドがあります。 使い方nc –zv <IP アドレス> <ポート番号>・ –z: ポートが開いているかを確認します。・ –v: 詳細な出力を行います。TCP ping の成功時「succeeded!」と表示されます。TCP ping の失敗時「Connection refused」と表示されます。 関連記事PsPing : TCP ...
  1. 2017/04/12(水) 23:20:01|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Linux コマンドのダンプをソースコードを用いて解析

概要 運用環境の Linux コマンドのダンプを取得して、取得したダンプを開発マシンでソースコードを用いて解析する方法を紹介します。 内容 ここでは、Ubuntu 16.04 にて sum コマンドを実行し、ユーザーの入力待ちの状態でダンプを取得・解析してみます。ダンプの取得1. [sum] を実行します。2. 他ターミナルで [pgrep sum] を実行し、PID を取得します。3. [gcore <pid>] でダンプを作成します。デバッグシンボルのダウンロ...
  1. 2017/03/12(日) 00:31:26|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タスクマネージャーの詳細をコピーする Tips

タスクマネージャーの「詳細」はコピーすることが可能です。1. タスクマネージャーの「詳細」タブひらき、コピーしたい行を選択し「Ctrl + C」を押します。2. メモ帳に張り付けてみると、「詳細」の行がコピーされていたことがわかります。 情報元How to Copy Task Manager Details to Notepad (英語)関連記事コマンドプロンプト や PowerShell で全画面表示にする Tips...
  1. 2017/03/01(水) 22:50:44|
  2. Tips
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Fiddler を用いて手動で Google の OAuth 2.0 システムのアクセストークン、ID トークンを取得

Fiddler を用いて、手動で Google の OAuth 2.0 システムのアクセストークン、並びに、ID トークンを取得する方法を紹介します。大きく分けて二つの手順をとります。1. Google API Console で、OAuth 2.0 クライアントを作成2. Fiddler を用いて、アクセストークン、ID トークンを取得1. Google API Console で、OAuth 2.0 クライアントを作成1.1. Google API Console に移動します。1.2. 「認証情報」→「認証情報を作成」をクリッ...
  1. 2017/03/01(水) 22:38:24|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Linux 上の Python プロセスのハングの原因を GDB を用いて調査

概要 Linux 上の Python プロセスのハングの原因を GDB を用いて調査する方法を紹介します。 内容 準備1. Python のデバッグ用モジュールをインストールします。[ apt-get install python-dbg libpython-dbg ]2. ハングしている Python プロセスの PID を取得します。[ pgrep python ]ハングしている Python プロセスに GDB をアタッチ1. GDB をハングしている Python プロセスにアタッチします。[ gdb –p <pid> python ]2. ...
  1. 2017/02/23(木) 23:39:15|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗号化された SMB 通信を、複合した状態でキャプチャーする Windows の標準コマンド

概要暗号化された SMB 通信を複合した状態でキャプチャーできる Windows の標準コマンドを紹介します。内容暗号化されている SMB 通信をキャプチャーすると暗号化されている SMB 通信を Wireshark でキャプチャーすると「Encrypted SMB3」と表示され、内容が確認できません。暗号化されている SMB 通信を複合した状態でキャプチャーする方法1. SMB のクライアントマシンで、管理者権限のコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行...
  1. 2017/02/14(火) 23:10:55|
  2. ネットワーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソース解析時に便利な Visual Studio 2017 の新機能 - フォルダーを開く、すべての参照を検索、すべてに移動

ソース解析時に便利な Visual Studio 2017 の新機能を 3 つ紹介します。フォルダーを開く (Ctrl + Shift + Alt + O)プロジェクトに関連付けることなく、フォルダーを開くを実行することで、ファイルを開くことができるようになりました。「はじめに」のページの「フォルダーを開く」か、「ファイル」→「開く」→「フォルダー」からフォルダーを開くことが可能です。 全ての参照を検索 (Shift + F12)「全ての参照を検索」...
  1. 2017/02/05(日) 00:00:55|
  2. Visual Studio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強制終了できないプロセスの原因を、ダンプ / カーネルデバッグで調査 (ドライバーでデッドロック)

強制終了できないプロセスの原因調査の方法を紹介します。強制終了できないプロセスとは管理者権限を持つタスクマネージャーでプロセスを強制終了させようとしても、「アクセスが拒否されました。」と表示され、強制終了させることができないプロセスがあります。以下、強制終了できないプロセスの原因の調査方法例を紹介します。強制終了できないプロセスの原因調査の方法1. プロセスを強制終了できない状態でダンプをとるか、カ...
  1. 2017/01/29(日) 23:56:29|
  2. WinDbg
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リバース実行を用いた gdb によるデバッグ

プログラムを逆に実行するリバース実行を用いた、gdb によるデバッグ方法を紹介します。「変数 x が不正な値になっていたが、いつ不正な値になったのか」といった場合のデバッグに便利です。サンプルプログラム変数 x の初期値が 0 で、その後 func1() により 1 に変更される、単純なサンプルプログラムを用います。プログラム終了時から、プログラムを逆に実行し、いつ変数 x が変更されたかを調べます。「gcc –g gccreverse.c」...
  1. 2017/01/23(月) 00:03:44|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (24)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する