troushoo

Message Analyzer/Azure Storage Asset を用いてAzure Storage のトラブルシューティング

概要 Message Analyzer に追加でインストールできる、Azure Storage Asset がMicrosoft よりフリーで公開されております。Azure Storage Asset は、Azure Storage のトラブルシューティングに便利なモジュールです。 内容 Message Analyzer/Azure Storage Asset とはMessage Analyzer とは、Microsoft よりフリーで公開されているツールで、種々のログの採取・表示を行ってくれるツールです。Azure Storage Asset とは、そのMessag...
  1. 2015/02/26(木) 21:55:11|
  2. Azure
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Message Analyzer 1.2 の新機能Grouping Viewer - 通信をグループ化して表示

概要 Message Analyzer 1.2 の新機能Grouping Viewer を紹介します。Grouping Viewer は通信をグループ化して表示するビューです。Grouping Viewer を用いると、特定の通信セッションだけを表示させることが可能になります。 内容 Grouping Viewer を表示Grouping Viewer を表示させるには、以下を行います。1. 「New Viewer」→「Grouping」をクリックします。2. Grouping Viewer が表示されます。Grouping Viewer の説明Grouping ...
  1. 2015/02/13(金) 23:00:40|
  2. ネットワーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

.ocommand: アプリケーションからWinDbgにデバッガーコマンドを実行させる

.ocommand とは.ocommand は、WinDbg のコマンドで「.ocommand <文字列>」 という形で使用します。すると、プログラムで 「OutputDebugString(_T(“<文字列> <デバッガーコマンド>"))」が実行されると、<デバッガーコマンド> がWinDbg で実行されるようになります。言葉だけではわかりにくいので、例を用いて.ocommand の使用方法を紹介します。 .ocommmand の使用例1. 以下の単純なC++ のサンプルコードを...
  1. 2015/02/08(日) 22:21:21|
  2. WinDbg
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WinAPIOverride:API コールの引数・戻り値の確認や、API の上書きが可能なオープンソースのツール (2)

概要 API コールの引数・戻り値の確認や、API の上書きが可能なオープンソースのツールWinAPIOverride を紹介します。前回、API コールの引数・戻り値の確認方法を紹介しました。今回は、API の上書き方法を紹介します。 内容 WinAPIOverride を使用すると、API を上書きすることが可能です。API を上書きするにはdll を作成しますが、サンプルコードも提供されており簡単に作成できます。例えば、MessageBox() を上書きし、Messag...
  1. 2015/02/01(日) 22:45:29|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (76)
ネットワーク (37)
Wireshark (43)
Visual Studio (55)
WinDbg (32)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
Linux (19)
コンテナ (4)
Azure (17)
Tips (19)
AD (6)
.NET (24)
Python (4)
Java (3)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する