troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Visual StudioでWinDbg

次期Visual Studio(コードネーム Visual Studio 11)を使用すると、Visual Studioを使用してWindowsデバッガー(WinDbgとほぼ同義)を使用できるようになります。
buildイベントのセッション:Advanced app and driver debuggingでデモされていた内容を紹介します。

[カーネルダンプをVisual Studio 11で開くデモ]
・ダンプをVS 11で開いたところ。WinDbgの出力が表示されている。

・kvといったおなじみのコマンドも実行可能。

・「!」のみを入力したところ。IntelliTraceが効いており、”!”からはじまるコマンドが表示される。
31
・コマンドを打ち込むと、そのコマンドのヘルプがポップアップで表示される。
32

[デバッガーを選択する方法のデモ]
ユーザーモードのデバッガーはデフォルトはVisual Studioのデバッガーだが、Property→DebuggingからDebugging Tools for Windows(=WinDbg)に選択可能
 


[補足]
・すべてのコマンド、エクステンションコマンドが実行可能です(10:23)
・DML(Debugger Markup Language)は動作しません。(45:47)
・Visual Studio UltimateとWDKが必要です。(51:24)


  1. 2011/10/23(日) 10:12:00|
  2. Visual Studio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Visual Studioでドライバ開発 | ホーム | [SOS]!dumpobj:オブジェクトの詳細表示>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/10-3a60fc02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (23)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。