troushoo

Visual Studioの役に立つショートカット -コードエディター編

【概要・まとめ】
Visual Studioの使用時に役に立つショートカットキーを紹介します。今回はコードエディター編です。
一つ一つは小さなことですが、頻繁に使えるテクニックなので作業効率が上がります。

ショートカットキー コマンド
Alt + Shift + ↑/↓
  もしくは
Alt + マウス操作
矩形選択
Ctrl + E, C 選択範囲のコメント
Ctrl + E, U 選択範囲のコメントを解除
Ctrl + - 前に戻る
Ctrl + K, T 呼び出し階層の表示
Ctrl + Shift + V クリップボードリングの切り替え
Ctrl + Shift + ↑/↓ 強調表示された参照
Ctrl + Shift + F フォルダーを指定して検索

【内容】
<環境>
今回紹介するコマンドはVisual Studio 2012のC#で動作確認しています。
(可能な限り、どのバージョンからコマンドが使えるようになったかも記述しています。
[]の中の数字がそれに該当します。例えば、[2005]はVisual Studio 2005から使えるようになったことを表しています。)

<コマンド>
・Alt + Shift + ↑/↓ [2010] もしくは Alt + マウス操作 : 矩形選択
Alt + Shift + ↑/↓ もしくは Altを押しながらマウス操作で、矩形選択 (Box選択とも呼ばれます) を行うことができます。
矩形選択

・Ctrl + E, C : 選択範囲のコメント
Ctrl + E, C で選択範囲のコメントをすることができます。
例えば、以下のように2行選択を行っている時に、Ctrl + E, C を押します。
選択範囲のコメント
すると、選択していた2行がコメントとなります。
選択範囲のコメント

・Ctrl + E, U : 選択範囲のコメントを解除
Ctrl + E, U で選択範囲のコメントを解除することができます。
例えば、以下のように、コメントアウトされている2行を選択時に、Ctrl + E, Uを押します。
選択範囲のコメントを解除
すると、選択していた2行のコメントが解除されます。
選択範囲のコメントを解除

・Ctrl + – : 前に戻る
Ctrl + - で、一つ前に編集していたところに戻ることができます。
例えば、今Main()を編集している状態を考えます。
前に戻る
その次に、App.configを開きます。
そして、App.configを開いているときに、Ctrl + - を押します。
前に戻る
すると、Main()の編集していたところにカーソルが移動します。
前に戻る

・Ctrl + K, T : 呼び出し階層の表示 [2005 (C++)] [2010 (C#)] [2012 (VB)]
Ctrl + K, T で呼び出し階層の表示ができます。
例えば、以下のような単純なコードで、foo1にカーソルを合わせ、Ctrl + K, T を実行すると、”呼び出し階層”ウィンドウが表示されます。
この”呼び出し階層”ウィンドウを利用すると、foo1を呼び出しているメソッド・foo1から呼び出されているメソッドがわかります。
呼び出し階層の表示

・Ctrl + Shift + V : クリップボードリングの切り替え [2005]
Ctrl + Shift + V を使うことで、クリップボードの履歴を使うことができます。
例えば、”foo1()” をクリップボードにコピーした後、”foo2()” をクリップボードにコピーした状態を考えます。
この時、一回 Ctrl + Shift + V を押すと、”foo2()” が貼り付けられます。
クリップボードリングの切り替え
このまま続けてもう一回 Ctrl + Shift + V を押すと、”foo1()”が貼り付けられます。
クリップボードリングの切り替え

・Ctrl + Shift + ↑/↓ : 強調表示された参照 [2010]
Ctrl + Shift + ↑/↓ を使うと、同じ変数が他にどこに使われているか、といった事を簡単に探し出すことができます。
例えば、今、”i”にカーソルがある状態を考えます。
強調表示された参照
この状態で、Ctrl + Shift + ↓ を押すと、直後にある”i”にカーソルを移動させることができます。
強調表示された参照

・Ctrl + Shift + F : フォルダーを指定して検索
Ctrl + Shift + F で通常の検索よりも強力な検索を行うことができます。
例えば、「検索対象をソリューション全体にする」や、「大文字と小文字を区別する」といった指定が可能になります。
以下は、Ctrl + Shift + F を押したときに出てくるウィンドウです。
フォルダーを指定して検索

リンク
Pre-defined Keyboard Shortcuts (英語)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/da5kh0wa.aspx


  1. 2013/04/24(水) 22:20:07|
  2. Visual Studio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<カーネルダンプからETWログを抽出 | ホーム | Wiresharkのディスプレイフィルタ - 基本的な使用方法から、よく使うフィルタまで ->>

コメント

おお、これは便利な記事ですね。
MSDNライブラリやVisual Studioの設定画面にショートカットが載っていますが、コマンド名なので何が起きるのかわからないんですよねw
しかも山ほどデフォルトで定義されてますし・・。
  1. 2013/04/25(木) 12:18:55 |
  2. URL |
  3. 惑星 #-
  4. [ 編集 ]

Re: Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします!
  1. 2013/04/26(金) 00:30:45 |
  2. URL |
  3. troushoo #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/109-07c0f3e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (23)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する