troushoo

WPA (= Windows Performance Analyzer) でパフォーマンスの比較

WPA の Comparative Analysis
WPA (= Windows Performance Analyzer) の新機能 “Comparative Analysis” について紹介します。
このComparative Analysis を利用するとパフォーマンス比較ができ、パフォーマンスのトラブルシューティング時に有益となりえます。
以下、ダウンロード・インストール方法から、“Comparative Analysis”の使い方までを紹介します。

【ダウンロード方法】
今回紹介するWPA はWndows 8.1 SDK に含まれています。
Windows 8.1 SDK のインストーラー(= sdksetup.exe) はMicrosoft のサイトの「スタンドアロンの Windows 8.1 SDK を入手する」から入手できます。
スタンドアロンの Windows 8.1 SDK を入手する

【インストール方法】
インストールは、ダウンロードしたインストーラー(= sdksetup.exe) を実行し、ウィザードに従うだけです。
ウィザード中の”Select the features you want to install”の画面で、”Windows Performance Toolkit”にチェックを入れていることを確認してください。
Windows Performance Toolkit
インストールは2・3分あれば終了します。

【Comparative Analysis の使い方】
以下、”Comparative Analysis” の使い方を紹介します。
このComparative Analysis はパフォーマンス比較をする機能です。
よってまず先に、比較するためのパフォーマンスの取得方法を紹介します。その後、Comparative Analysis の紹介を行います。

[パフォーマンスの取得方法]
Comparative Analysis を用いてパフォーマンスの比較をするために、パフォーマンスの取得を行うには、WPA と同じフォルダに入っているWPR (= Windows Performance Recorder) を使用します。

1. C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1\Windows Performance Toolkit\WPRUI.exe を起動します。
WPRUI.exe

2. “Start” をクリックします。
すると、パフォーマンス情報の取得を開始します。
Start

3. “Save” をクリックします。
すると、取得したパフォーマンス情報を保存するための設定画面に移動します。
Save

4. “Save” をクリックします。
すると、”File Name” の場所に、取得したパフォーマンス情報を保存できます。
Save

上記の手順を、2回繰り返し、二つのパフォーマンス情報を取得します。

[Comparative Analysis]
以下、Comparative Analysis の機能を使用した、パフォーマンスの比較方法です。

1. C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1\Windows Performance Toolkit\wpa.exe を起動します。
wpa.exe

2. “File” –> “Open” から、WPR を用いて取得したパフォーマンス情報を2つ開きます。
Open

3. “Windows” –> “New Comparative Analysis View” をクリックします。
New Comparative Analysis View

4. “Baseline” に比較元を、”Comparison” に比較先を選び”Continue” をクリックします。
Comparision

5. 左の”Graph Explorer” から、比較を行いたいグラフを”Comparative Analysis” にドラッグアンドドロップします。
ここでは、CPU 使用率の比較を行うために、”Computation” のグラフをドラッグアンドドロップしました。
ドラッグ アンド ドロップ

6. 表のところに差分がとられた情報が表示されます。
以下の例では、CPUSTRES.EXE の差が大きかったことがわかります。
差分情報

7. グラフは差分ではなく、パフォーマンス取得時のデーターが表示されます。
グラフのデーターを変更するには、下部にあるスイッチを利用します。
グラフは差分は表示されない

以下は、スイッチを1にして、上記4のBaseline(= 比較元) で選んだパフォーマンス情報を表示しているときのスクリーンショットです。
Baseline(= 比較元) のパフォーマンスのグラフ

以下は、スイッチを2にして、上記4のComparison(= 比較先) のパフォーマンス情報を表示しているときのスクリーンショットです。
Comparison(= 比較先) のパフォーマンスのグラフ

【URL】
・App Performance: The Windows Performance Toolkit (英語)
 今回の元ネタの、//build/ 2013 のセッションです。
 http://channel9.msdn.com/Events/Build/2013/3-100


  1. 2013/07/12(金) 23:01:49|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Visual Studio 2013 のコードエディタの新機能 (1) | ホーム | Wireshark のProtocol Hierarchy : パケットキャプチャー時のプロトコルの概要把握>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/123-d63847ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (22)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する