troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Windows アセスメント サービス を利用してパフォーマンス測定・問題の検出

Windows アセスメント サービス を利用してパフォーマンス測定・問題の検出

概要

“Windows アセスメント サービス” を利用してパフォーマンス測定・問題の検出を行う方法を紹介します。
Windows アセスメント サービス はMicrosoft のサイトから無料でダウンロード・利用できる機能です。

内容

Windows アセスメント サービス とは?
Windows アセスメント サービス を利用すると、IE の起動時やOS ブート時といった、いろいろなタイプのパフォーマンス測定を行うことができます。(*パフォーマンス測定を行えるすべてのタイプについては、最後に補足として記載しています。)

パフォーマンス測定は、ユーザーの操作をシミュレーションする事により実行されます。
そして、その結果をもとに、何が問題であるのかを検出してくれます。

Windows アセスメント サービス のインストール方法
Windows アセスメント サービス は”Windows アセスメント & デプロイメント キット(= Windows ADK と略されます)” の一部に入っています。
Windows ADK はMicrosoft のホームページより、無料でダウンロード・利用することができます。
1. Microsoft のホームページより、Windows ADK をダウンロード、実行します。
Windows ADK のダウンロード

2. 後はウィザードを進むだけです。
途中、”Windows パフォーマンス ツールキット”と”Windows 評価ツールキット”にチェックを入れてください。
インストールは20 分程度かかります。
Windows ADK のインストール画面

パフォーマンス測定の方法
1. デスクトップの”Windows アセスメント コンソール” をクリックします。
Windows アセスメント コンソール

2. 今回は、Internet Explorer の起動時のパフォーマンス測定をしてみます。
2.1. “Run Individual Assessments” をクリックします。
Run Individual Assesments

2.2. “Internet Explorer startup performance” にチェックを入れ、”Run” をクリックします。
Internet Explorer startup performance

3. 以下のようなダイアログが表示されるので“Start” をクリックします。
ダイアログにあるように、パフォーマンス測定実行中はコンピューター操作を控えた方が、正確なパフォーマンスが取得できます。
ダイアログ

4. パフォーマンス測定が終了すると、”Windows Assessment Console” に結果が表示されます。
結果

結果解析の方法
1. 問題があったかどうかは”Issues” を見るとわかります。
Issue の説明を見ると、この例では、「タブの作成に時間がかかった。”Addons Operation” のセクションをみて時間のかかっているエクステンションを確認してください。」と表示されています。
Issues

2. 言われた通り“Addons Operations” を見てみます。
すると、Addon として”Microsoft Web Test recorder” があることがわかります。
Addons Operations

3. “Addon に時間がかかているかも” とのことなので、Addon の”Microsoft Web Test recorder” をアンインストールして再テストしてみます。

4. 測定終了後、再テストの結果が表示されます。
ここでは、わかりやすさのため、前回の結果をロードしてみます。
以前の結果のロードは、”Add results” から行うことができます。
Add results

5. 結果を比較します。
今回の再テストの結果では”Internet Explorer Tab Create Duration (Milliseconds)”(= タブの作成にかかった時間) が170 から152 に減っていました。
テストの結果を比較

6. より詳細な調査をWPA を用いて行うこともできます。
WPA(= Windows Performance Analyzer) での調査は”WPA in-depth analysis” をクリックする事で可能です。
WPA in-depth analysis
”WPA in-depth analysis” をクリックすると、WPA が起動します。
WPA の画面

補足
・Windows アセスメント サービスで測定できるパフォーマンス一覧です。
Windows アセスメント サービスで測定できるパフォーマンス一覧


情報元
Measure Boot Performance with the Windows Assessment and Deployment Toolkit (英語)

関連記事
WPA (= Windows Performance Analyzer) でパフォーマンスの比較
ブート時・シャットダウン時のパフォーマンス調査 : WPR・WPA


  1. 2013/10/16(水) 23:03:39|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Microsoft Monitoring Agent とVisual Studio Ultimate でパフォーマンス問題を解決 | ホーム | Message Analyzer を用いてループバックアドレスへの通信をキャプチャー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/138-0d9d71bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (23)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。