troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Microsoft Monitoring Agent とVisual Studio Ultimate でパフォーマンス問題を解決

  Microsoft Monitoring Agent とVisual Studio Ultimate でパフォーマンス問題を解決

概要

Microsoft Monitoring Agent とVisual Studio Ultimate を使用してパフォーマンス問題を解決する方法を紹介します。

内容

Microsoft Monitoring Agent とは?
Microsoft Monitoring Agent (= MMA と略されます) は、2013/9/24 にRTM したツールで、アプリをモニタリングすることで、アプリの例外やパフォーマンス情報を収集することができます。Visual Studio 2012 のIntelliTrace Collector の機能を拡張したツールとなります。
MMA は、System Center Operations Manager 2012 R2 にも含まれていますが、Microsoft のホームページから別途ダウンロードすることもできます。

Microsoft Monitoring Agent の使い方
以下、MMA を用いた、ASP.NET アプリのモニタリング、並びに、パフォーマンス問題を解決する方法を紹介します。
二つのセクションに分けて記述します。
  1. MMA を用いた、ASP.NET アプリのモニタリング、並びにアプリパフォーマンス情報収集
  2. Visual Studio Ultimate を用いた、デバッグ

[1. MMA を用いた、ASP.NET アプリのモニタリング、並びにアプリパフォーマンス情報収集]
1.0. IIS サーバー上にASP.NET アプリを追加します。
本例では、”Default Web Site”に”MyMMATest” という名前で登録しました。
IIS サーバー上にASP.NET アプリを追加

1.1 MMA をMicrosoft のホームページよりダウンロードし、をIIS サーバー上にインストールします。
MMA のダウンロード

1.2 MMA を用いたモニタリングを開始します。
モニタリングを開始するには、管理者権限のPowerShell でStart-WebApplicationMonitoring コマンドを実行します。
Start-WebApplicationMonitoring

それぞれのパラメーターの意味は以下です。

引数 意味
Name サイト名も含んだアプリケーション名
Mode monitor, trace, custom から選びます。
OutputPath MMA の出力ファイル、すなわちIntelliTrace ファイルが出力するパスです。

monitor モードは、アプリの監視に優れており、アプリに対し最小限の影響しか与えません。
monitor モードでは、アプリの例外と、5秒以上レスポンスがなかった場合の情報を収集します。

1.3 IntelliTrace ファイルを出力させます。
IntelliTrace ファイルを出力させるには、管理者権限のPowerShell でCheckpoint-WebApplicationMonitoring コマンドを実行します。
Checkpoint-WebApplicationMonitoring

1.4. 1.1. で指定したOutputPath に、拡張子がitrace であるファイルが出力されていることを確認します。
itrace ファイル

[2. Visual Studio Ultimate を用いた、デバッグ]
2.1. 作成したIntelliTrace ファイルをダブルクリックし、Visual Studio Ultimate で開きます。
itrace ファイルを開く

2.2. “パフォーマンス違反”に5秒以上レスポンスがなかったイベントが表示されます。
“パフォーマンス違反”に5秒以上レスポンスがなかったイベントが表示される

2.3. “パフォーマンス違反”の列をダブルクリックすると詳細情報のページが開きます。
ダブルクリック

2.4. 詳細情報のページの“最も低速な呼び出し” を見ると、どの呼び出しで時間がかかったのかがわかります。
最も低速な呼び出し

2.5. “実行ツリー” はパフォーマンス問題が発生しているときの実行ツリーです。
”この呼び出しのデバッグ” をクリックすると、該当のソースコードを開くことができます。
この呼び出しのデバッグ
該当部分のソースが表示される


情報元
Introducing Microsoft Monitoring Agent (英語)
Performance Details in IntelliTrace (英語)

関連記事
IntelliTrace Collectorで本番環境のIntelliTraceデータの収集


  1. 2013/10/22(火) 22:45:14|
  2. Visual Studio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Wireshark での解析時に役立つTips (4) | ホーム | Windows アセスメント サービス を利用してパフォーマンス測定・問題の検出>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/139-ab986ad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (24)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。