troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Visual Studio 2013 Update 2 の新機能 : CPU 使用率

Visual Studio 2013 Update 2 の新機能 : CPU 使用率

概要

Visual Studio 2013 Update 2 の新機能”CPU 使用率” を紹介します。
”CPU 使用率” を用いると、開発しているアプリケーションのCPU 負荷の状況を調べることができます。

内容

Visual Studio 2013 Update 2 より”パフォーマンスと診断” の一つとして”CPU 使用率” が導入されました。
以下、C# のサンプルアプリを用いて、”CPU 使用率” の使い方を紹介します。
(”CPU 使用率” はC++、C#/VB、JavaScript のコードに対して実行できます。)

Visual Studio 2013 Update 2 のインストール方法
2014/3/10 現在、Visual Studio 2013 Update 2 はCTP(= Community Technology Preview) 2 です。
インストーラはMicrosoft のサイトからダウンロードできます。

CPU 使用率の実行方法
1. 開発しているC# のプロジェクトを開きます。

2. “分析” → “パフォーマンスと診断” をクリックします。
パフォーマンスと診断

3. “CPU 使用率” にチェックを入れ”開始” をクリックします。
CPU 使用率にチェックを入れ開始

4. データー収取を開始します。
データー収取中でも、リアルタイムにCUP 使用状況を確認できます。
データー収取中でも、リアルタイムにCUP 使用状況を確認できる

5. “コレクションの停止” のクリックかアプリが終了したら、データーの収集が終わります。
“コレクションの停止” のクリックかアプリが終了したら、データーの収集が終わる

6. 解析結果が表示されます。
160-4


CPU 使用率の解析方法

ー 高負荷の原因を調査 ー
どの部分がCPU 高負荷であったかを確認するには”サンプル” を確認します。
この部分の数字が大きい関数がCPU 負荷の高かった関数になります。
下図の例では、MyFunc2 が一番サンプル数が多く、一番高負荷であったことがわかります。
どの部分がCPU 高負荷であったかを確認するには”サンプル” を確認する

4つの列のそれぞれの意味は以下です。

名前 意味
サンプル % (子を含む) “関数名”に表示される関数と、その関数が呼んだ関数のCPU 使用率
サンプル % (関数のみ) “関数名”に表示される関数のCPU 使用率
サンプル数 (子を含む) “関数名”に表示される関数と、その関数が呼んだ関数のCPU 使用時間
(単位:ミリセカンド)
サンプル数 (関数のみ) “関数名”に表示される関数のCPU 使用時間
(単位:ミリセカンド)

ー ズーム ー
上部のグラフは、ズームすることも可能です。

1. 上部のグラフの、ズームしたい部分を選択します。
その際、下部の表の値も、選択された時間帯の値に変更されます。
ズームしたい部分を選択

2. 右クリック後”拡大表示” をクリックします。
拡大表示

3. 拡大表示されます。
拡大表示された

ー 詳細なレポートを作成 ー
今までのCPU サンプリングの結果を”詳細なレポート作成します” で確認できます。

1. “詳細なレポートを作成します” をクリックします。
“詳細なレポートを作成します” をクリック

2. 今までのCPU サンプリングの結果が表示されます。
今までのCPU サンプリングの結果が表示される

ー スレッド ー
どのスレッドで時間がかかっているかは、”フィルターで表示” をクリックするとわかります。
どのスレッドで時間がかかっているかは、"フィルターで表示" をクリックするとわかる


情報元
New CPU Usage tool in the Performance and Diagnostics hub in Visual Studio 2013 (英語)

関連記事
Visual Studioでプロファイル(CPUサンプリング)


  1. 2014/03/10(月) 22:22:00|
  2. Visual Studio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<WPA (= Windows Performance Analyzer) の設定を保存する方法 : プロファイル | ホーム | Wireshark、Network Monitor、Message Analyzer のパケットキャプチャーをFiddler で開く方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/160-8c04944b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (23)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。