troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネットワークのレイテンシーや帯域等を制御できるソフト : Network Emulator for Windows Toolkit


概要

ネットワークのレイテンシーや帯域等を制御できるNetwork Emulator for Windows Toolkit を紹介します。

内容

ダウンロード・インストール
Network Emulator for Windows Toolkit (= NEWT)はMARCOさんのブログよりダウンロードできます。
URLは、https://blog.mrpol.nl/2010/01/14/network-emulator-toolkit/ です。


インストールも、インストーラーを実行するだけで数分で終了します。

基本的な使い方
NEWT の基本的な使い方として、受信のレイテンシーを増加させてみます。

1. スタートにある”Network Emulator Client” を起動します。


2. “Configuration” → “New Link” をクリックします。


3. 矢印が表示されるので、ダブルクリックします。


4. まず、”Incoming Traffic”(= 受信) の設定を行います。
“Latency” のタブで、レイテンシーの設定をします。
ここでは、”Fixed” (= 固定) を25ms に設定し、”OK” をクリックします。


5. 続いて”Outgoing Traffic”(= 送信) の設定を行います。
ここでは、何も設定をせず”OK” をクリックします。


6. 上記で作成したレイテンシーの設定を、どの通信に対し設定するかを指定するため”Configuration” → “New Filter” をクリックします。


7. ここでは、全ての通信に対して設定を有効にするため、”All Network” にチェックを入れ”Add” をクリックします。


8. 設定が追加されたことを確認し、×をクリックします。


9. “Action” → “Start” をクリックし、作成した設定を有効にします。


10. ping を実行してみます。
結果、ping の応答時間が長くなる事が確認できます。

以下は、NEWT を有効にしていない時のスクリーンショットです。
応答時間が、設定した25ms ほど短い事が確認できます。


情報元
Network Emulator Toolkit (英語)
Group Policy: Notes from the Field - Tips, Tricks, and Troubleshooting (英語)
 このセッションの50:54 頃にNEWT のデモがありました。

関連記事
Wiresharkでキャプチャしたパケットを編集し送信 - Ostinato
  1. 2014/11/11(火) 22:51:11|
  2. ネットワーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コマンド入力にフォーカスを移動するWinDbg の便利なショートカットキー:Alt + 1 | ホーム | Message Analyzer を用いてTLS/SSL 通信を復号>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/204-a9737e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (24)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。