troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Visual Studio でコードの書式を変更する方法

概要

Visual Studio で、ソースコードの書式を変更し、見やすいコードに変更する方法を紹介します。

手順

1. “クイック起動” に”書式” と入力し、“改行” を含む行をクリックします。
210-1_thumb[1]

2. 改行の設定が、プレビューを見ながら設定できます。
例えば、「新しい行にメソッドの始めかっこを設置する」にチェックが入っているときのプレビューは、新しい行に”{“が来ていることがわかります。
210-2_thumb

逆に、「新しい行にメソッドの始めかっこを設置する」のチェックを外したときのプレビューは、新しい行に”{“ が来ていないことがわかります。
210-3_thumb

[補足]
改行以外にもインデントの設定や、行間の設定ができたりします。
以下は、”インデント”の設定画面です。
210-4_thumb

以下は、”行間”の設定画面です。
210-5_thumb

3. 書式設定後のソースコードの書式は設定した内容に従いますが、既存のソースコードに対する設定内容の適用は行われません。
210-6_thumb[5]

しかし”Ctrl + K, D” で、現在開いているウィンドウの既存のコードに対しても設定を反映させることができます。
210-7_thumb[1]


情報元
Visual Studio Tip: Where Does the Open Brace Go? (英語)

関連記事
Productivity Power Tools For Visual Studio 2013 の紹介


  1. 2014/12/12(金) 22:22:28|
  2. Visual Studio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<行の色の理由を調べる方法 : Wireshark | ホーム | アプリケーションプールの実行ユーザーのパスワードを表示>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/210-4cb6b01c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (24)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。