troushoo

LINQ クエリのみならず、任意のC#/VB が実行可能な、フリーでも使えるLINQPad (1)


概要

LINQ クエリのみならず、任意のC#/VB が実行可能な、フリーでも使用可能なLINQPad を紹介します。
今回はLINQPad を用いて、LINQ クエリの実行方法を紹介します。

内容

LINQPad とは
LINQPad を使うと、SQL やXML 等にLINQ クエリを発行することができます。また、任意のC#/VB を実行することもできます。
LINQPad はフリーで使用することが可能ですが、有料版ではintellisense の機能が使えたり、データーベースの編集ができるようになったりします。(有料版との比較は、LINQPad のホームページ(英語)に記載があります)

以下、LINQPad のインストール方法・LINQ クエリを実行する方法を紹介します。全てフリーで使用可能な機能です。
次回、任意のC#/VB を実行する方法を紹介します。

LINQPad のインストール方法
1. LINQPad のホームページから、LINQPad のインストーラーをダウンロードします。


2. ダウンロードしたインストーラーを実行します。
インストールはウィザードに従うだけで、1・2分で終了します。デフォルトの設定で問題ありません。


LINQ クエリを実行する方法
0. LINQPad を実行します。

1. “Add connection” をクリックします。


2. LINQ クエリの発行先を選び、”Next” をクリックします。
今回は、Azure SQL データーベースをクエリの発行先としましたので、”Default (LINQ to SQL)” を選びました。


3. 接続先のタイプ、サーバー名、ユーザー名/パスワード等、接続に必要な情報を入力し、”OK” をクリックします。


4. 接続先のテーブルが表示されるので、そのテーブルを右クリックするとLINQ クエリのひな形を選ぶことができます。
ここでは、基本的なLINQ クエリを実行するため”from m in Mytables where … select m” をクリックしました。


5. LINQ クエリのひな形が挿入されます。


6. ひな形を適切なLINQ 文に修正し、緑色の三角のアイコンをクリックしてLINQ クエリを実行します。


[補足]
LINQ クエリの実行は、Visual Studio同様”F5” でもOKです。

7. LINQ クエリの結果が表示されます。

LINQPad の機能
・”Export” をクリックすることで、結果をExcel、Word、HTML にエクスポート可能です。


・実行したLINQ クエリに相当する、λ、SQL、IL を確認することができます。





LINQPad のホームページ
http://www.linqpad.net/ (英語)

関連記事
LINQ クエリのみならず、任意のC#/VB が実行可能な、フリーでも使えるLINQPad (2)


  1. 2014/12/24(水) 21:55:02|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LINQ クエリのみならず、任意のC#/VB が実行可能な、フリーでも使えるLINQPad (2) | ホーム | 特定の.NETの例外発生時にのみWinDbg にBreak する方法 : !StopOnException>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/213-06f68ce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (22)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する