troushoo

Message Analyzer/Azure Storage Asset を用いてAzure Storage のトラブルシューティング


概要

Message Analyzer に追加でインストールできる、Azure Storage Asset がMicrosoft よりフリーで公開されております。
Azure Storage Asset は、Azure Storage のトラブルシューティングに便利なモジュールです。

内容

Message Analyzer/Azure Storage Asset とは
Message Analyzer とは、Microsoft よりフリーで公開されているツールで、種々のログの採取・表示を行ってくれるツールです。
Azure Storage Asset とは、そのMessage Analyzer に追加でインストールできるモジュールで、Azure Storage のトラブルシューティングを便利するモジュールです。

Message Analyzer/Azure Storage Asset のインストール
Message Analyzer をインストールするには、Microsoft のサイトよりインストーラーをダウンロード・実行します。


Azure Storage Asset をインストールするには、以下の手順を踏みます。
1. Message Analyzer を起動します。

2. 「DOWNLOADS」をクリックし、検索ボックスに「Azure」と入力します。
結果、表示されたものが、Azure Storage Asset です。

各々のモジュールの説明は以下です。

モジュール名 説明
Azure Storage Color Rules Azure Storage の問題発見に便利なように色づけが可能になります。
Azure Storage Charts Azure Storage の問題発見に便利なようにグラフ化が可能になります。
Azure Storage Parsers Azure Storage の問題発見のためのパーサーです。
Azure Storage Filters Azure Storage の問題発見に便利なフィルターが使えるようになります。
Azure Storage View Layouts Azure Storage の問題発見に便利なビューが使えるようになります。

3. 各々のモジュールの右側にあるアイコン「Download this item」をクリックし、インストールします。


4. 「Restart Required」と表示されたら、Message Analyzer を再起動します。


Message Analyzer で、Azure ストレージのログの開き方
Message Analyzer/Azure Storage Asset を用いた、Azure Storage のトラブルシューティング方法を紹介します。

1. ポータルの「ストレージ」の「監視」のページで、ストレージのサーバー側のログを有効にします。


2. 「$logs」配下にサーバー側のログファイルがありますので、ダウンロードします。


3. Message Analyzer を起動し、「File」→「Quick Open」を実行し、ダウンロードしたサーバー側のログを開きます。


4. 「Text Log Configuration」には「AzureStorageLog」を選択します。


5. ストレージのサーバー側のログが開きます。


Azure Storage のビュー
1. ビューを変更するには「View Layout」から「Azure Storage」のセクションにあるビューを選択します。


2. 例えば「Storage Log (kye columns)」ビューを選択すると、Azure ストレージのサーバー側のログの主要な列が表示されます。


カラールール
1. カラールールを変更するには「Color Rules」から「Azure Storage」のセクションにある行を選択します。


2. 例えば、「Client Errors (StatusCode between 400 and 499)」を選ぶと、クライアントのエラーの行に色がつきます。


フィルター
1. Azure ストレージの問題発見に便利なフィルターを使用するには、「View Filter」にフィルターを入力します。
2. 例えば、以下のフィルターを入力すると、クライアントのエラーの行のみを表示できます。

(AzureStorageLog.StatusCode >= 400 && AzureStorageLog.StatusCode <=499)
|| (HTTP.StatusCode >= 400 && HTTP.StatusCode <= 499)





情報元
End-to-End Troubleshooting using Azure Storage Metrics and Logging, AzCopy, and Message Analyzer (英語)

関連記事
フリーのPostman を利用して、Azure にREST API を発行


  1. 2015/02/26(木) 21:55:11|
  2. Azure
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大きなログファイルも素早く解析できるフリーのツールTextAnalysisTool.NET | ホーム | Message Analyzer 1.2 の新機能Grouping Viewer - 通信をグループ化して表示>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/225-8298b5b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (22)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する