troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Azure 上の仮想マシンにリモートパワーシェル



Azure 上の仮想マシンにリモートパワーシェルをする方法を紹介します。

手順
1. 管理ポータルの「仮想マシン」の「エンドポイント」で「PowerShell」の「パブリック ポート」を確認します。
以下のスクリーンショットでは「5986」になります。


2. Chrome で「https://<DNS 名>:<上記1で確認したパブリック ポート>」にアクセスします。


3. 鍵のアイコンをクリックして「証明書情報」をクリックします。


4. 「詳細」タブの「ファイルにコピー」をクリックします。


5. ウィザードに従い証明書を、任意の場所エクスポートします。
途中の「エクスポート ファイルの形式」は「DER encoded binary X.509 (.CER)」にします。


6. エクスポートした証明書をダブルクリックし「証明書のインストール」をクリックします。


7. ウィザードに従い証明書をインストールします。
途中の「証明書ストア」では「証明書をすべて次のストアに配置する」を選択し「信頼されたルート証明機関」を選択します。


8. 「セキュリティ警告」が表示されるので「はい」をクリックします。


9. PowerShell を起動し、以下のコマンドを実行します。
結果、パスワード入力後、仮想マシンに接続できます。

Enter-PSSession –ComputerName <DNS 名> –Port <上記1で確認したパブリック ポート> –Credential <ユーザー名> –UseSSL


10. リモートで任意のコマンドが実行できます。


情報元
Using Remote Powershell with Windows Azure Virtual Machines (英語)

関連記事
Microsoft Azure Diagnostics with ELK : Azure Diagnostics をグラフ化


  1. 2015/07/11(土) 22:55:11|
  2. Azure
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Visual Studio Code を使ってUbuntu でC# コンソールアプリをデバッグ | ホーム | カーネルダンプからイベントログを抽出>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/247-bc26d7eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (24)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。