troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フリーで使用可能なBurp Proxy を使用して、Ubuntu でのSSL 通信を複合



フリーで使用可能なBurp Proxy を使用して、Ubuntu でのSSL 通信を複合する方法を紹介します。

Burp Proxy のインストール
1. OpenJDK をインストールします。

sudo apt-get install openjdk-7-jre

2. Burp Proxy のFree Edition をダウンロードします。


Burp Proxy の設定
1. ダウンロードしたBurp Proxy を起動します。
sudo java –jar burpsuite_free_V1.6.jar

2. 初回起動時は使用許諾契約が表示されますので、承諾するには「I Accept」をクリックします。


2. 「Proxy」→「Intercept」→「Intercept is on」をクリックし、「Intercept is on」をdisableします。
disable しない場合ですが、Web リクエストごとにBurp Proxy にブレークします。


3. 「Proxy」→「Options」の「Interface」を確認します。
以下のスクリーンショットでは、「127.0.0.1:8080」です。


SSL 通信を復号
1. ブラウザのプロキシを、上記「Burp Proxy の設定」の3 で確認したアドレスに設定します。
Firefox では「設定」から「詳細」→「ネットワーク」→「接続設定」で設定可能です。



2. SSL 通信を行います。

3. セキュリティの警告が出ることがあります。
これは、Burp Proxy が自己証明書を利用しているためです。
「例外を追加」を実行すれば、先に進むことができます。


4. HTTPS 通信にも関わらず、通信の中身が確認できます。


関連記事
Burp: Windows Azure Management APIをGUIから発行


  1. 2015/07/29(水) 22:46:57|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PerfTips : デバッグ中にパフォーマンス情報を表示するVisual Studio 2015 の新機能 | ホーム | Visual Studio Code を使ってUbuntu でC# コンソールアプリをデバッグ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/249-ade1f37d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (24)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。