troushoo

3rd パーティのドライバーを簡単にバックアップする方法 : Export-WindowsDriver

Windows 8.1 Update 1 からの新コマンド「Export-WindowsDriver」を実行すると、3rd パーティのドライバーを簡単にバックアップでき便利です。

1. 管理者権限のPowerShell を起動します。

2. 以下のコマンドを実行します。

Export-WindowsDriver -Online -Destination <任意のフォルダ>


3. エクスポートされたドライバの一覧が表示され、-Destination で指定したフォルダーにドライバーがバックアップされます。





情報元
PowerTip: Back up Drivers with PowerShell (英語)

関連記事
PowerShell Tools for Visual Studio 2015 : Visual Studio でPowerShell の開発・デバッグ
  1. 2015/10/15(木) 22:55:44|
  2. Tips
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Azure の仮想マシンを用いて、Docker を利用したNginx の構築 | ホーム | .NET の1st チャンスの例外の情報を、簡単にしかも低負荷で確認する方法 : PerfView>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/261-7db665f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (24)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する