troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Linux 上のC++ アプリをVisual Studio でリモートデバッグ


概要

Visual Studio GDB 拡張機能を利用すると、Linux 上のC++ のアプリをVisual Studio からリモートデバッグすることができます。

内容

Visual Studio でLinux 上のC++ アプリをリモートデバッグする方法を、以下の4つのセクションに分けて順に紹介します。
Visual Studio のバージョンは、Visual Studio 2015 Community かそれ以上が必要です。
1. Visual Studio GDB 拡張機能のインストール
2. Linux への証明書を使ったSSH 接続のための準備
3. Linux にコンパイラ、デバッガーをインストール
4. Visual Studio でLinux 上のC++ アプリをリモートデバッグ

1. Visual Studio GDB 拡張機能のインストール
1.1. Visual C++ tools for Android のインストールが必要です。


1.2. Visual Studio GDB Debugger をインストールします。


2. Linux への証明書を使ったSSH 接続のための準備
2.1. PuTTY のツール類をダウンロードします。


2.2. 公開鍵・秘密鍵を作成するためにPUTTYGEN.EXE をクリックします。


2.3. 「Generate」をクリックし、空白部分でマウスを動かします。


2.4. 「Save private key」をクリックし秘密鍵を任意の場所に保存します。


2.5. 「Public key for pasting into OpenSSH authorized_keys file:」は後で使用するので、コピーしておきます。


2.6. PUTTY.EXE を起動し、Linux にログインします。
初回ログイン時、信頼できるホストかどうか聞かれるので、信頼できるホストに承認します。


2.7. 「~/.ssh/authorized_keys」を開き、上記2.5. の部分を貼り付けます。


もし、authorized_keys がない場合は、以下のコマンドを用いて作成します。

mkdir ~/.ssh
touch ~/.ssh/authorized_keys
chmod 0700 ~/.ssh
chmod 0600 ~/.ssh/authorized_keys

3. Linux にコンパイラ、デバッガーをインストール
3.1. Linux に、コンパイラ g++ をインストールします。
Ubuntu では「sudo apt-get install g++」でインストールできます。


3.2. Linux に、デバッガー GDB をインストールします。
Ubuntu では「sudo apt-get install gdb」でインストールできます。


4. Visual Studio でLinux 上のC++ アプリをリモートデバッグ
4.1. 「Visual C++」→「クロス プラットフォーム」→「Makefile Project (GDB)」を作成します。


4.2. .cpp ファイルを追加し、プログラミングします。


4.3. プロジェクトを右クリック→「プロパティ」をクリックします。


4.4. 「デバッグ」をクリックし、下図のとおり、設定項目を入力します。
「Remote Working Directory」は、Linux に存在するパスを入力します。


4.5. 「NMake」をクリックし、「Build Command Line」にビルド時に実行するコマンドを入力します。

C:\bin\putty\PSCP.EXE -i $(PrivateKey) "C:\Users\t\Documents\Visual Studio 2015\Projects\Project1\Project1\main.cpp"  $(RemoteUserName)@$(RemoteHostName):$(RemoteWorkingDirectory)/main.cpp
$(SecureShellExecutable) $(RemoteUserName)@$(RemoteHostName) -i $(PrivateKey) "cd $(RemoteWorkingDirectory);g++ -g main.cpp -o $(RemoteExecutable)"



4.6. 任意の場所にブレークポイント張って、F5 を押し、デバッグを開始してみます。

4.7. ブレークポイントにヒットし、デバッグが実行できます。
ローカル変数の確認や、ステップ実行等もできることが確認できます。


4.8. 上記4.4. で指定した「Remote Working Directory」には、コンパイルされた実行ファイルが作成されていることもわかります。



情報元
Announcing the VS GDB Debugger extension (英語)

関連記事
Docker コンテナにASP.NET 5 アプリをVisual Studio からデプロイ


  1. 2015/11/24(火) 00:09:41|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エクスプローラーのフォルダ構造を簡単に文字化するTips | ホーム | PerfView を用いて.NET アプリのメモリリークの調査>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/266-009bd043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (24)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。