troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

sysdig を用いて、ホストからコンテナ内部のパフォーマンス調査

概要

sysdig を利用することで、ホストからコンテナ内部のパフォーマンス調査が可能です。
以下、sysdig のインストール方法、基本的な使用方法を紹介します。

内容

sysdig のインストール
2016/01/04 現在、sysdig を用いた調査はLinux のみがサポートされております。
sysdig のインストールは以下のコマンドで可能です。

curl -s https://s3.amazonaws.com/download.draios.com/stable/install-sysdig | sudo bash

sysdig の基本的な使用方法
CPU

sudo sysdig -pc -c topcontainers_cpu
コンテナごとのCPU 使用率がわかります。


sudo sysdig –pc –c topprocs_cpu
「ps aux」だけではわからない、コンテナ内部のプロセスのCPU 使用もわかります。


Network
sudo sysdig -pc -c topcontainers_net
コンテナごとのネットワーク使用量がわかります。


sudo sysdig –pc –c topprocs_net
コンテナ内部のプロセスのネットワーク使用量がわかります。


sudo sysdig –pc –c topconns
コンテナ内部のネットワーク接続の状況がわかります。


Disk
sudo sysdig –pc –c topcontainers_file
コンテナごとのディスク使用量がわかります。


sudo sysdig –pc –c topprocs_file
コンテナ内部のプロセスのディスク使用量がわかります。


sudo sysdig –pc –c topfiles_bytes
ファイルIO が行われているファイル、並びに、アクセスしているコンテナ名がわかります。


情報元
Docker Tutorial 8 – Troubleshooting with Sysdig (英語)
Let There Be Light – Sysdig Adds Container Visibility (英語)

関連記事
Azure の仮想マシンを用いて、Docker を利用したNginx の構築


  1. 2016/01/04(月) 23:11:06|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PsPing を用いてTCP 接続のレイテンシーを調査 | ホーム | Wireshark 2.0 のディスプレイフィルターを素早く適用するための2つの方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/270-95e547c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (23)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。