troushoo

Azure File Storage をDocker コンテナにボリュームとしてマウントするMicrosoft のドライバー

概要

Azure File Storage をDocker コンテナにボリュームとしてマウントするためのDocker Volume Driver を紹介します。
Docker Volume Driver はマイクロソフトよりオープンソースで公開されています。

内容

Docker Volume Driver のインストール
Docker Volume Driver は、Ubuntu Server 14.04 以上でサポートされています。

Ubuntu Server 14.04 でのインストール手順
Ubuntu Server 14.04 のインストール手順を紹介します。
ダウンロードのURL の最新情報は、公式サイトをご参照ください。

1. cifs-utils をインストールします。

sudo apt-get install -y cifs-utils

2. azurefile-dockervolumedriver をダウンロードし、実行権限を与えます。
sudo wget -O /usr/bin/azurefile-dockervolumedriver https://github.com/Azure/azurefile-dockervolumedriver/releases/download/0.2.1/azurefile-dockervolumedriver
sudo chmod +x /usr/bin/azurefile-dockervolumedriver

3. azurefile-dockervolumedriver.conf をダウンロードします。
sudo wget -O /etc/init/azurefile-dockervolumedriver.conf https://raw.githubusercontent.com/Azure/azurefile-dockervolumedriver/master/contrib/init/upstart/azurefile-dockervolumedriver.conf

4. azurefile-dockervolumedriver をダウンロードします。
sudo wget -O /etc/default/azurefile-dockervolumedriver https://raw.githubusercontent.com/Azure/azurefile-dockervolumedriver/master/contrib/init/upstart/azurefile-dockervolumedriver.default

5. 4 でダウンロードしたazurefile-dockervolumedriver を開き「AF_ACCOUNT_NAM」にストレージアカウント名を、「AF_ACCOUNT_KEY」にそのキーを入力します。
AF_ACCOUNT_NAME=<ストレージアカウント名>
AF_ACCOUNT_KEY=<ストレージアカウントキー>

6. Docker Volume Driver を起動します。
sudo initctl reload-configuration
sudo initctl start azurefile-dockervolumedriver

7. Docker Volume Driver が起動しているかは、以下のコマンドで確かめることが可能です。
出力に「start/running」があれば、起動しています。
initctl status azurefile-dockervolumedriver


Ubuntu Server 15.10 でのインストール手順
Ubuntu Server 15.10 のインストール手順を紹介します。
ダウンロードのURL の最新情報は、公式サイトをご参照ください。

1. cifs-utils をインストールします。
sudo apt-get install -y cifs-utils

2. azurefile-dockervolumedriver をダウンロードし、実行権限を与えます。
sudo wget -O /usr/bin/azurefile-dockervolumedriver https://github.com/Azure/azurefile-dockervolumedriver/releases/download/0.2.1/azurefile-dockervolumedriver
sudo chmod +x /usr/bin/azurefile-dockervolumedriver

3. azurefile-dockervolumedriver をダウンロードします。
sudo wget -O /etc/default/azurefile-dockervolumedriver https://raw.githubusercontent.com/Azure/azurefile-dockervolumedriver/master/contrib/init/systemd/azurefile-dockervolumedriver.default

4. 3 でダウンロードしたazurefile-dockervolumedriver を開き「AF_ACCOUNT_NAM」にストレージアカウント名を、「AF_ACCOUNT_KEY」にそのキーを入力します。
AF_ACCOUNT_NAME=<ストレージアカウント名>
AF_ACCOUNT_KEY=<ストレージアカウントキー>

5. azurefile-dockervolumedriver.conf をダウンロードします。
sudo wget -O /etc/systemd/system/azurefile-dockervolumedriver.service https://raw.githubusercontent.com/Azure/azurefile-dockervolumedriver/master/contrib/init/systemd/azurefile-dockervolumedriver.service

6. Docker Volume Driver を起動します。

sudo systemctl daemon-reload
sudo systemctl enable azurefile-dockervolumedriver
sudo systemctl start azurefile-dockervolumedriver

7. Docker Volume Driver が起動しているかは、以下のコマンドで確かめることが可能です。
systemctl status azurefile-dockervolumedriver


ボリュームとコンテナの作成
1. ボリュームを作成します。
sudo docker volume create -d azurefile -o share=myshare --name=myvol

2. Docker コンテナを起動し、作成したボリュームをマウントします。
以下のコマンドで、作成した「myvol」ボリュームを「/data」にマウントします。
sudo docker run -i -t -v myvol:/data busybox

3. Docker コンテナの中で「/data」に移動しテストファイルを作成してみます。
cd /data
touch testfile.txt

4. Azure File Storage に作成したファイルがあることが確認できます。


情報元
Persistent Docker volumes with Azure File Storage (英語)
Docker Volume Driver for Azure File Storage (英語)

関連記事
Azure の仮想マシンを用いて、Docker を利用したNginx の構築
  1. 2016/04/24(日) 21:59:03|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Microsoft よりフリーで公開されているネットワークベンチマークツール:NTttcp | ホーム | Bash 利用時に役に立つ10個のTips>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/285-e0f77c44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (23)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する