troushoo

Message Analyzer を用いてパフォーマンスデータ (.blg) の調査


概要

Message Analyzer は、パフォーマンスデータ (.blg) ファイルも読み込むことが可能なため、パフォーマンスデータを確認することが可能です。

内容

Message Analyzer でパフォーマンスデータを表示

1. Message Analyzer を起動します。

2. 「Open」をクリックします。


3. .blg ファイルを選択します。


4. blg ファイルの読み込みが行われます。ファイルサイズによっては時間がかかります。
今回、1 MB 程度の blg ファイルを読み込むのに5, 6 分程度かかりました。

5. 「Edit」をクリックします。


6. 「Values」の「Value」の「...」をクリックします。


7. 「Formula」を「Average」に変更します。


8. パフォーマンスデータが表示されます。


特徴
・グルーピングの機能を利用して、簡単に特定のグループのみを表示させることができます。
例えば、Instance「explorer」をクリックすると、explorer のパフォーマンス情報のみが表示されます。


・グルーピングはドラッグアンドドロップが可能です。
例えば、「Counter」を「Instance」の前へもっていき Counter でグルーピングしなおし、Counter「% user time」をクリックすると、全ての Instance の「% user time」を表示させることができます。


・グラフの線をダブルクリックすると、数値データを表示することが可能です。




補足
インボックスの perfmon.msc より、多くのリソースを要します。
1 MB 程度の blg を読み込んだ際、 1.2 GB 程度のメモリが使われておりました。
動作も遅い場合があります。


URL
Microsoft Message Analyzer (英語)

関連記事
暗号化される前のHTTPS 通信を、追加ソフトインストールなく確認する方法
  1. 2016/09/25(日) 21:47:22|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PerfView を用いて、アプリケーションの時間のかかっている処理を調査 | ホーム | Linux 上の .NET アプリを Visual Studio でリモートデバッグ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/307-8fa55cc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (24)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する