troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Microsoft よりオープンソースで公開されている Linux 用のネットワークレイテンシー測定ツール:lagscope

Microsoft より、Linux 用のネットワークレイテンシー測定ツール lagscope が、オープンソースで公開されてます。
以下、lagscope の使用方法を紹介します。

lagscope のインストール方法
1. GitHub より、lagscope のソースコードをダウンロードします。

git clone https://github.com/Microsoft/lagscope.git 


2. ダウンロードしたソースコードをビルドします。
make; make install


lagscope の使用例
受信側
1. 受信側で受信の準備をします。
.\lagscope –r
デフォルトでは、TCP のポート 6001 で listen します。


送信側
1. 送信側で、受信に対して送信を行います。
.\lagscope –s192.168.247.128 –V –t 10

2. レイテンシーが表示されます。
以下の例では、平均が 0.459 ms であったことがわかります。


3. テスト時のパケットキャプチャーを見てみると、TCP ポート 6001 に対する通信が行われていることがわかります。


補足
lagscope –h でヘルプが表示されます。

root@trvm:/home/tr/ドキュメント/lagscope/src# ./lagscope -h
lagscope 0.1.0
---------------------------------------------------------
Author: Shihua (Simon) Xiao, sixiao@microsoft.com
lagscope: [-r|-s|-D|-f|-6|-u|-p|-b|-B|-z|-t|-n|-i|-V|-h]

    -r   Run as a receiver
    -s   Run as a sender
    -D   Run as daemon
    -f   CPU affinity. *, or cpuid such as 0, 1, etc.
    -6   IPv6 mode    [default: IPv4]
    -p   Port number, or starting port number    [default: 6001]
    -b   <recv buffer size>    [default: 65536 bytes]
    -B   <send buffer size>    [default: 131072 bytes]
    -z   <message size>        [default: 4 bytes]
    -t   [CLIENT ONLY] test duration       [default: 60 second(s)]
    -n   [CLIENT ONLY] ping iteration      [default: 1000]
    -i   [CLIENT ONLY] test interval       [default: 1 second(s)]
         '-n' will be ignored if '-t' provided
    -V   Verbose mode
    -h   Help, tool usage
Example:
    receiver:
    1) ./lagscope -r
    2) ./lagscope -r192.168.1.1
    3) ./late -r -D -f0 -6 -p 6789 -V
    sender:
    1) ./lagscope -s192.168.1.1
    2) ./lagscope -s192.168.1.1 -t 600 -i 1 -V
    3) ./lagscope -sfd00::1:1 -n 1000 -6 -i 2 -V


情報元
lagscope

関連記事
Microsoft よりフリーで公開されているネットワークベンチマークツール:NTttcp
  1. 2016/11/11(金) 23:14:33|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Message Analyzer を用いて、Netlogon のログを解析 | ホーム | WinDbg の新機能:JavaScript を用いてデバッグ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/316-58ff5c73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (24)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。