troushoo

Windows 10 Anniversary Update で追加されたストレージ診断ツール stordiag.exe

概要

Windows 10 Anniversary Update で追加されたストレージ診断ツール stordiag.exe を紹介します。
stordiag.exe を使うことで、ストレージに関する診断情報を素早く集めることができます。

内容

stordiag.exe の使用方法

1. 管理者権限のコマンドプロンプトを起動します。

2. 「stordiag /?」でヘルプを表示可能です。

引数 意味
-collectEtw 30 秒間 ETW トレースを取得し、ストレージに関連するパフォーマンス情報を採取します。
-checkFSConsistency     NTFS ファイルシステムの一貫性をチェックします。
-out <パス> 出力ファイルのパスを指定します。



stordiag.exe の使用例
1. 「stordiag -collectEtw –checkFSConsistency –out c:\temp」を実施してみます。


c:\temp に StorDiag フォルダーが出来上がります。


2. StorDiag フォルダーに、以下のようなファイルが確認できます。
ディスクの構成情報 (PSLogs.txt) 、Chkdsk の結果や、ディスクに関するイベントログ、パフォーマンス情報 (perflog.etl) といったファイルができます。

フォルダー パスの一覧
ボリューム シリアル番号は 0000008F 1277:7B10 です
C:.
│  CDROM.reg
│  ChkDsk C.txt
│  ChkDsk D.txt
│  ChkDsk F.txt
│  DiskDrive.reg
│  FileSystem.reg
│  HDC.reg
│  Microsoft-Windows-DataIntegrityScan-Admin.evtx
│  Microsoft-Windows-DataIntegrityScan-CrashRecovery.evtx
│  Microsoft-Windows-DiskDiagnostic.evtx
│  Microsoft-Windows-Ntfs.evtx
│  Microsoft-Windows-Partition.evtx
│  Microsoft-Windows-Storage-ATAPort.evtx
│  Microsoft-Windows-Storage-ClassPnp.evtx
│  Microsoft-Windows-Storage-Storport.evtx
│  Microsoft-Windows-StorageManagement-Operational.evtx
│  Microsoft-Windows-StorageSpaces-Driver-Diagnostic.evtx
│  Microsoft-Windows-StorageSpaces-Driver-Operational.evtx
│  Microsoft-Windows-StorageSpaces-SpaceManager-Operational.evtx
│  Microsoft-Windows-Volume.evtx
│  Microsoft-Windows-VolumeSnapshot-Driver.evtx
│  perflog.etl
│  PSLogs.txt
│  SCSIAdapter.reg
│  System.evtx
│  VolMgr.reg
│  VolSnap.reg
│  Volume C Corruption.txt
│  Volume D Corruption.txt
│  Volume F Corruption.txt
│  Volume.reg
│ 
└─LocaleMetaData
        Microsoft-Windows-DataIntegrityScan-Admin_1041.MTA
        Microsoft-Windows-DataIntegrityScan-CrashRecovery_1041.MTA
        Microsoft-Windows-DiskDiagnostic_1041.MTA
        Microsoft-Windows-Ntfs_1041.MTA
        Microsoft-Windows-Partition_1041.MTA
        Microsoft-Windows-Storage-ATAPort_1041.MTA
        Microsoft-Windows-Storage-ClassPnp_1041.MTA
        Microsoft-Windows-Storage-Storport_1041.MTA
        Microsoft-Windows-StorageManagement-Operational_1041.MTA
        Microsoft-Windows-StorageSpaces-Driver-Diagnostic_1041.MTA
        Microsoft-Windows-StorageSpaces-Driver-Operational_1041.MTA
        Microsoft-Windows-StorageSpaces-SpaceManager-Operational_1041.MTA
        Microsoft-Windows-VolumeSnapshot-Driver_1041.MTA
        Microsoft-Windows-Volume_1041.MTA
        System_1041.MTA


3. ディスクの構成情報がのっている PSLogs.txt を開いてみると、「Get-Disk」や「Get-StoragePool」の結果などがあり、ディスクの構成情報が確認できます。


4. パフォーマンス情報を、WPA (Windows Performance Analyzer) で開いてみると、ディスクに関するパフォーマンスを中心に、パフォーマンス情報が確認できます。


情報元
StorDiag.exe: new Windows 10 Storage Diagnostic tool (英語)

関連記事
DiskSpd : Microsoft よりオープンソースで公開されているストレージのパフォーマンス測定ツール
WPR/WPA を用いてUI ハングの原因を調査
WPR/WPA を用いたミニフィルタードライバーのパフォーマンス調査
ブート時・シャットダウン時のパフォーマンス調査 : WPR・WPA
WPR/WPA を用いた、アプリのメモリリークの調査方法
  1. 2016/12/13(火) 22:22:32|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Linux で動く PowerShell を LLDB とそのエクステンション libsosplugin.so を用いてデバッグ | ホーム | ドメインに再参加することなく、セキュアチャネル破損の復旧:Reset-ComputerMachinePassword>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/321-e91d272a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (22)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する