troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

JustDecompileで.NETアプリのデコンパイル

.NETアプリのデコンパイルといえば.NET Reflectorが一番有名ですが、昨年より有料化されてしまいました。無料で使える.NETのデコンパイルとして、JustDecompile, ILSpy, dotPeek等がありますが、今回は、google.com、bingでの検索で一番結果の多かったJustDecompileを使用した.NETアプリのデコンパイルを紹介します。

インストール
telerikのサイトよりバイナリをダウンロードして、インストールします。この際無料のアカウントの作成が必要になります。また2012/2/9現在RC(リリース候補版)です。

基本的な使い方
デコンパイル
メニューの"Open"からアセンブリファイルを開くか、アセンブリファイルを画面上にドラッグアンドドロップをすると、左にアセンブリファイルの情報、右にデコンパイルされたものを表示できます。

ちなみに以下が今回のサンプルアプリのソースです。デコンパルの結果と一致していることがわかります。

デコンパイル先の言語は、Visual Basic、C#、ILが選べます。

・Search
"Search"をクリックすると以下のような画面になります。
タイプによる検索、シンボルによる検索、フルテキストによる検索が可能です。

・Find Usages
最初の画面で、タイプ、もしくはメンバーに対しCtrl を押しながら 左クリックをすると、それがどこで使われているかがわかります。
変数iに対して行った結果です。func()とsampleのコンストラクタで使用されていることがわかります。

その他の特徴
・Create Project
アセンブリファイルからVisual Studioのプロジェクトを作成することができます。"Create Project"をクリックすると、以下のようにプロジェクトが作成されます。

.csprojをダブルクリックした直後の画面です。無事Visual Studioで開けました。

その後、_Module_.csをプロジェクトから削除したところ、無事ビルドもできました。
補足:
上記のアセンブリはビルドまで成功しましたが、通常のもっと大きなexeでは上記のように単純にビルド成功とはいきませんでした。(オープンソースのデコンパイラであるILSpyを試してみました。)

・コマンドライン
コマンドラインでデコンパイルすることも可能です。現在はC#へのデコンパイルのみ実行できます。構文は以下です。
JustDecompileCmd /out:[出力のパス] /target:[アセンブリファイルへのパス]

・エクスプローラーのコンテキストメニュー
.NETのアセンブリを右クリックして"Open with JustDecompile"を選択することもできます。


  1. 2012/02/10(金) 14:18:37|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ファイアウォールのログ確認(auditpol.exe・wf.msc・netsh) | ホーム | [Psscor2/Psscor4]!PrintDateTime>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/33-815231dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (24)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。