troushoo

ソース解析時に便利な Visual Studio 2017 の新機能 - フォルダーを開く、すべての参照を検索、すべてに移動

ソース解析時に便利な Visual Studio 2017 の新機能を 3 つ紹介します。

フォルダーを開く (Ctrl + Shift + Alt + O)
プロジェクトに関連付けることなく、フォルダーを開くを実行することで、ファイルを開くことができるようになりました。
「はじめに」のページの「フォルダーを開く」か、「ファイル」→「開く」→「フォルダー」からフォルダーを開くことが可能です。
 

全ての参照を検索 (Shift + F12)
「全ての参照を検索」を実行すると、ソリューション内のすべてのシンボルを検索し、検索結果を表示します。
その、検索結果がグループ化されたものとなり、また、マウスを乗せるとプレビューを表示するようになりました。

以下は、「LibraryMethod」に対して「全ての参照を検索 (Shift + F12) 」を実行した結果です。
出力結果画面にて、LibraryMethod の定義、その次にプロジェクトとグループ化さ、マウスを乗せるとプレビューも表示されます。


グループ化の条件は「グループ化の条件」で変更も可能です。


ちなみに、以下は Visual Studio 2015 時の全ての参照を検索の結果の画面です。
出力結果がフラットに表示され、マウスを乗せてもプレビューが表示されません。


全てに移動 (Ctrl + T)
「全てに移動」を実行するとソリューションの中のファイルをすべて検索します。


検索結果は、アイコンをクリックすることでフィルターすることができます。

ファイル (Ctrl + 1, Ctrl + F):ファイル名でフィルターします。


種類 (Ctrl + 1, Ctrl + T):タイプでフィルターします。


メンバー (Ctrl + 1, Ctrl + M):メンバーでフィルターします。


シンボル (Ctrl + 1, Ctrl + S):シンボルでフィルダーします。


現在のドキュメント (Ctrl + Alt + C):現在のドキュメントでフィルターします。


情報元
Productivity in Visual Studio 2017 RC (英語)
Visual Studio Development – Productivity Enhancements in Visual Studio 2017 RC (英語)
Visual Studio 2017 Release Candidate (英語)

関連記事
Visual Studioの役に立つショートカット - ナビゲーション編
  1. 2017/02/05(日) 00:00:55|
  2. Visual Studio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<暗号化された SMB 通信を、複合した状態でキャプチャーする Windows の標準コマンド | ホーム | 強制終了できないプロセスの原因を、ダンプ / カーネルデバッグで調査 (ドライバーでデッドロック)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/331-46cf202e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (24)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する