troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WPR/WPAでパフォーマンス調査

SDK for Windows 8 Consumer Previewに入っているWPR とWPAを用いると詳細なパフォーマンス調査が可能です。
WPR(Windows Performance Recorder)を用いてGUIで簡単に情報収集をし、ビューアーであるWPA(Windows Performance Analyzer)で協力にパフォーマンス調査が行えます。(WPRはXperf/Xbootmgr、WPAはXperfViewの後継の位置づけになります。)
本日はWPR/WAPのインストール・簡単な使い方を記述します。

WPR/WPAのインストール
WPR/WPAをインストールするには、WPT(Windows Performance Toolkit)をインストールします。WPTはSDK for Windows 8 Consumer Previewに含まれています。
1. http://msdn.microsoft.com/en-us/windows/desktop/hh852363 からSDK for Windows 8 Consumer Previewをダウンロード・実行します。

2. 以下のロゴが表示されます。

3. インストールパスの設定を行います。

4. Microsoftにフィードバックを送るかを決定します。

5. ライセンスについて同意するかを聞かれます。

6. Windows Performance Toolkitを選択し、インストールを開始します。

7. 進捗が表示されます。

8. インストールの終了です。

WPRでパフォーマンス情報の記録
1.
スタートにあるWindows Performance Recorderを起動します。以下はWindows 8 Customer Previewの画面です。

2. デフォルトの設定で開始します。

"その他のオプション"をクリックすると以下のように詳細な設定ができるようになります。

3. “記録が開始されていません。”が”記録を開始しています。”に変わります。

4. 記録が開始されると”記録中”に変わります。記録を終えたいときに”保存”をクリックします。

5. 以下のような画面になるので、"問題の詳細な説明を入力"に任意の説明を記入し、”保存”をクリックします。

6. 進捗バーが進みます。


7. 画面が戻ります。キャンセルを押すとキャプチャが終了します。


WPAでパフォーマンスの調査
1. スタートのWindows Performance Analyzerをクリックします。

2. File->OpenからWPRで作成したetlファイルを開きます。eltファイルはデフォルトではC:\Users\<ユーザー名>\Documents\WPR Filesにあります。

3. Windows Performance Analyzerが起動します。
左に"System Activity"、"Computation"、"Storage"、"Memory"、"System Power Source"の概要のグラフが表示されます。

4. 左のグラフを右に右にドラッグアンドドロップすると詳細が表示されます。
以下はStorageをドラッグアンドドロップしたところです。

5. 下図の赤丸のDisplay graph and tableをクリックします。
グラフのみならず、テーブルも表示されます。

6. タイトルがある行を右クリックすると、列に情報を追加できます。

たとえばPath Nameを追加すると、どのファイルにどのプロセスがアクセスしていた、といったこともわかります。

補足
上記ではSDK for Windows 8 Consumer Previewを利用しましたが、WPR/WPAが入っているWPT (Windows Performance Toolkit)はWindows Assessment and Deployment Kit (ADK) for Windows 8 Consumer Previewにも入っております。
・WPRはCUIで使用することも可能です。

・Trace->System Configurationよりトレースを取得したマシンの情報もわかります。

・WPAより.NET 4.0以上のランタイムのシンボルのデコードもサポートします。
WPRがetlファイル作成時に、レコーディング中のマネージコードのシンボルを含むフォルダを作成します。

ご参考:Loading Debugging Symbols
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/hh448108.aspx

リンク
msdn: Windows Performance Recorder
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/hh448205.aspx
・msdn: Windows Performance Analyze
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/hh448170.aspx
・本ブログの昔の記事:WPRでパフォーマンス情報取得
http://troushoo.blog.fc2.com/blog-entry-13.html
・本ブログの昔の記事:WPAでパフォーマンス情報表示
http://troushoo.blog.fc2.com/blog-entry-14.html


  1. 2012/03/12(月) 13:43:54|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Visual Studioでプロファイル(階層の相互作用のプロファイル) | ホーム | Visual Studioでプロファイル(.NET メモリ割り当て)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/41-868a4762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (24)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。