troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Network Monitorの後継ソフトMicrosoft Message Analyzer Betaリリース

202/9/17のマイクロソフトのブログでMicrosoft Message AnalyzeのBetaのリリースが発表されました。Microsoft Message Analyzerは、Network Monitorの後継ソフトの位置づけで、たくさんの新機能が実装されているとのことです。
以下、Microsoft Message Analyzerのダウンロードから、基本的な使い方、主な機能までを見ていきます。

ダウンロード/インストール
多少の手続き手順が必要ですが、数分の作業で、マイクロソフトのサイトよりベータを無料でダウンロード/インストール可能になります。
1. マイクロソフトのサイトに行きます。
  URLはhttps://connect.microsoft.com/site216 です。
2. Microsoftアカウント(xxxxxx@hotmail.co.jpといったものです)でログインします。
3. “Connect”に登録します
  Connectとは、マイクロソフト製品へのフィードバックをするときに利用できるサイトのことです。詳細は、こちらをご確認ください。
4. “Message Analyzer program”に登録します。
  ConnectでMessage Analyzer programを使うための登録です。
5. “ダウンロード”から、環境に合わせMessage Analyzer Beta1 x64かMessage Analyzer Beta1 x86をダウンロードします。
Connectからダウンロード
5. インストールします。
インストールはウィザードに従うだけです。

基本的な使い方
有線LANのトラブルシューティング方法を例に、基本的な使い方を見てみます。
1. Microsoft Message Analuzerを起動します。
起動時に以下のスプラッシュウィンドウが表示されます。
スプラッシュウィンドウ
2. Start Pageが表示されます。
Start Page
3. Capture / Trace をクリックし、LANをクリックし、Startのアイコンをクリックします。
キャプチャ
4. キャプチャが開始されます。
キャプチャ情報
5. 行をクリックすることで詳細な情報も確認できます。
詳細情報
6. キャプチャを終了させるには、Stopをクリックします。

主な機能
・ネットワーク以外のキャプチャも可能
キャプチャ設定画面は以下のようになっており、ネットワークのみならず、USBやBluetoothといったデバイスのキャプチャ等も可能です。
キャプチャ画面
・診断情報が表示される
”Diagnosis”の列に診断情報のアイコン表示されます。クリックすると詳細が表示されます。
Diagnostic情報
・グルーピングが可能
例として送信先アドレス(=Destination)でグルーピングしてみます。
1. Destinationと記載されているところを右クリックして、Groupをクリックします。
グルーピング
2. Destinationでグルーピングされます。
グルーピング
・Summary View
キャプチャした情報をまとめたものを表示することができます。
1. Session ExplorerのTrace Sessionのところを右クリックし、Create View –> Summary view –> Protocol Dashboard をクリックします。
Protocol Dashboard選択
2. プロトコルごとに分類された、まとめの情報が表示されます。
Protocol Dashboard

リリース版はいつごろ?
2013年の中ごろのRTM(=Release To Manufacture、リリース版のこと)をターゲットとしているとのことです。

リンク
・Meet the successor to Microsoft Network Monitor!
http://blogs.technet.com/b/messageanalyzer/archive/2012/09/17/meet-the-successor-to-microsoft-network-monitor.aspx


  1. 2012/09/23(日) 14:16:37|
  2. ネットワーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Wiresharkでキャプチャしたパケットの概要を把握する3つの手法 | ホーム | .NET Frameworkのソースコード/ソースデバッグ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/79-68eca520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (24)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。