troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

perfmon.exe: パフォーマンスのトラブルシューティングに役に立つインボックスのツール

Windowsのインボックスのツールperfmon.exeについて、Microsoftの会議のセッション(= Maximizing Windows 7 Performance: Troubleshooting Tips)で紹介されていたものを中心に、トラブルシューティングに役に立つTipsを紹介します。

[perfmon /report]
”perfmon /report”でリソースとパフォーマンス モニターを起動することができます。
これを利用すると、システムの診断を簡単に行うことができます。
実行方法はとても簡単です。
1. “perfmon /report”を実行します。
perfmon /report
2. システムの情報が60秒間収集されます。
情報収集中
3. 診断結果が表示されます。
以下では、”Windows Updateが無効になっている”という警告や、”過度なページングが発生している”という警告が出ており、また、メモリがビジー状態であるといったことがわかります。
リソースとパフォーマンス モニター
診断結果以外にも、ソフトウェア/ハードウェア構成、CPU/ネットワーク/ディスク/メモリ情報といったものが確認できます。以下はすべてのウィンドウを最小化した状態のスクリーンショットです。
種々の情報を表示
例えばディスクの部分では、”最も多くのディスクI/Oを引き起こしているファイル”といったものもわかり、トラブルシューティングに有用です。
最も多くのディスクI/Oを引き起こしているファイル

[perfmon /sys /comp]
”perfmon /sys /comp”で、パフォーマンスモニタの2つの結果を比較することができます。
ここでは、14:15~14:16までと14:35~14:36までの% Processor Timeをログを利用して比較してみます。
- 準備:ログデータの作成
以下の手順を利用して、ログを2つ作成します。
1. perfmon.mscを実行し、パフォーマンス モニターを起動します。
perfmon.msc
2. カウンターに% Processor Timeがあることを確認します。
% Processor Timeがあることを確認
3. パフォーマンス モニター –> 新規作成 –> データー コレクタ セット をクリックします。
データ コレクター セットの作成
4. ウィザードが起動し、任意の名前を付けます。
名前の作成
5. データの保存場所を選択します。
データの保存場所を指定
6. “保存して閉じる”を選択し、完了します。
保存して閉じる
7. データ コレクター セット –> ユーザー定義に上記3で作成した名前があるので、右クリックして、”開始”をクリックします。
データコレクタセットの開始
8. パフォーマンスの収集を終了するには、右クリックして”停止”をクリックします。
停止
9. ログが作成されます。
ログが作成される
- ログの比較
1. “perfmon /sys /comp”を実行し、パフォーマンス モニターを起動します。
perfmon /sys /comp
2. “ログ データ”の表示をクリックします。
ログデータの表示
3. “ログ ファイル”の”追加”をクリックし、14:15~14:16までのログを読み込みます。
追加
ログファイルが追加されている
4. “データ”のタブをクリックし、”追加”をクリックします。
追加
5. “Processor Information”をクリックし、”_Total”を選択したのち、”追加”をクリックし、”OK”を押します。

6. カウンターが追加されていることを確認し、OKを押します。
(ここでは、わかりやすさのためカラーを青色に変更しました。)
カウンタが追加されていることを確認
7. 14:35~14:36までのログを読み込むために、1~7を繰り返します。
すなわち、perfmonは二つ立ち上がっていることとなります。

8. どちらか一方のパフォーマンス モニターに対して、比較 –> 透明度の設定 を行います。
ここでは、14:35~14:36のログに対して、透明度を 70%に設定しました。
透明度変更
9. 8を行ったパフォーマンス モニターに対して、比較 –> 比較対象に合わせる をクリックします。比較対象に合わせる
10. 二つのパフォーマンス モニターがオーバーラップして表示され、パフォーマンスの比較ができます。
オーバーラップして表示される

[perfmon /rel]
”perfmon /rel”で信頼性モニターを起動することができます。
信頼性モニターを利用すると、簡単にシステムの信頼性を調べることができます。
信頼性モニター
詳細は、Microsoftのサイト(=信頼性モニタを使用する)や@ITのサイト(=信頼性モニタでVistaシステムの安定性をチェックする)をご参照ください。

[perfmon /res]
”perfmon /res”でリソース モニターを起動することができます。
リソース モニターを使用すると、システムのリソースの使用状態を簡単に把握することができます。
リソースモニター
詳細は、Microsoftのサイト(=リソース モニターで簡単リソース監視)をご参照ください。

リンク
・Maximizing Windows 7 Performance: Troubleshooting Tips
http://channel9.msdn.com/Events/TechEd/NorthAmerica/2012/WCL327
・Using Resource Monitor to Troubleshoot Windows Performance Issues Part 1
http://blogs.technet.com/b/askperf/archive/2012/02/01/using-resource-monitor-to-troubleshoot-windows-performance-issues-part-1.aspx
・Using Resource Monitor to Troubleshoot Windows Performance Issues Part 2
http://blogs.technet.com/b/askperf/archive/2012/02/08/using-resource-monitor-to-troubleshoot-windows-performance-issues-part-2.aspx
・Compare Multiple Log Files in Performance Monitor
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc748917(v=ws.11).aspx


  1. 2012/10/07(日) 14:23:53|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[sos]!ThreadPool: CPU使用率の表示/スレッドプールの状態表示 | ホーム | Wiresharkでキャプチャしたパケットの概要を把握する3つの手法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/81-db48dccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (23)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。