troushoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

管理者権限でアプリを起動する際に役立つ3つのTips

管理者権限でアプリを起動する際に役立つ3つのTipsを紹介します。

【タスクスケジューラーを用いてアプリを管理者権限でスタートアップ】
アプリをスタートアップ時に管理者権限で、しかも、”ユーザーアカウント制御”(UAC機能とも呼ばれます)のダイアログを表示せずに、管理者権限で起動する方法を紹介します。
1. タスクスケジューラー(=taskschd.msc)を起動します。
taskschd.msc
2. タスクの作成をクリックします。
タスクの作成
3. “全般”タブの”名前”に任意の名前を付け、”ユーザーがログオンしているときのみ実行する”と、”最上位の特権で実行する”にチェックが入っていることを確認します。
全般
4. “トリガー”タブで、”新規”をクリックし、タスクの開始を”ログオン時”にします。
トリガー
トリガー
5. “操作”タブで、”新規”をクリックし、操作を”プログラムの開始”にし、プログラム/スクリプトを設定します。
操作
ここではプログラムの例として、コマンドプロンプト(=cmd.exe)を指定しました。
操作
6. “OK”を押し、終了します。
OKを押し終了
7. タスクが作成されます。
タスクが作成される
8. 次回ログイン時に、アプリが管理者権限で起動していることを確認します。
管理者権限で起動

[補足]
スタートアップフォルダに登録してあるショートカットに管理者権限で起動する設定(*後述)をしても、管理者権限で起動しませんでした。より正確には、アプリが起動しなくなってしまいました。
*ショートカットに管理者権限で起動する設定
1. ショートカットを右クリック→”プロパティ”
プロパティ
2. “ショートカット”のタブ→”詳細設定”
詳細設定
3. “管理者として実行”
管理者として実行

【スタートメニューからShift + Ctrl + Enter】
スタートメニューに起動させたいアプリ名を入力し、Shift + Ctrl + Enterを押すと、そのアプリを管理者権限で起動することができます。キーボードだけでアプリを管理者権限で起動することができ、便利です。
例として、コマンドプロンプトをキーボードだけで、管理者権限で起動する例を示します。
1. Windowsキーを押します。
スタートメニュー
2. cmdと入力します。
cmdと入力
3. Shift + Ctrlを押しながらEnterを押します。
”ユーザー アカウント制御”のダイアログが表示されるので、”はい”を押します。
ユーザー アカウント制御のダイアログ
4. 管理者権限で起動します。
管理者権限で起動する

【スタートメニュー/タスクバーからShift + Ctrl + クリック】
スタートメニューやタスクバーのアイコンを、Shift + Ctrlを押しながらクリックすると、そのアプリを管理者権限で起動することができます。
Shift + Ctrlを押しながらクリック


  1. 2012/10/19(金) 14:50:10|
  2. Tips
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Wiresharkでの解析時に役立つTips(1) | ホーム | Visual Studioを用いて、コード修正による影響を調べる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/84-fd05f18d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (92)
ネットワーク (76)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (25)
Linux (23)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。