troushoo

.NET のデコンパイル、デバッグ、ソースの編集も可能なオープンソースのツール dnSpy

概要 .NET アセンブリのデコンパイルやデバッグ、そしてソースの編集も可能なオープンソースのツール dnSpy を紹介します。 内容 dnSpy のダウンロード方法dnSpy は、フリーでダウンロードすることが可能です。1. dnSpy の GitHub のページに移動します。2. 「Binaries」の「Latest release」をクリックします。3. 最新のビルドをクリックします。4. ダウンロードサイトより dnSpy をダウンロードします。dnSpy の特徴.NET アセン...
  1. 2016/10/30(日) 21:03:01|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

以前開いたファイル、以前アクセスしたサーバー等を確認する方法 - AutomaticDestinations

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\最近使った項目\AutomaticDestinations のファイルを確認することで、メモ帳で以前開いたファイルや、リモートデスクトップ接続で以前アクセスしたサーバー等、アプリケーションが以前実行した事を確認することが可能です。手順1. Structured Storage Viewer を作者のサイトよりダウンロードします。Structured Storage Viewer はフリーで使用可能です。2. ダウン...
  1. 2016/10/09(日) 23:18:48|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PerfView を用いて、アプリケーションの時間のかかっている処理を調査

概要 PerfView を用いて、アプリケーションの時間のかかっている処理を調査する方法を紹介します。 内容 PerfView とはPerfView とは、Microsoft よりオープンソースで公開されているツールで、パフォーマンス調査に便利なツールです。Microsoft のサイトから、フリーでダウンロード・使用することができます。トレースの取得まず、アプリケーションのトレースを取得する必要があります。1. PerfView を起動します。2. 「Collect」...
  1. 2016/10/02(日) 23:20:40|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Message Analyzer を用いてパフォーマンスデータ (.blg) の調査

概要 Message Analyzer は、パフォーマンスデータ (.blg) ファイルも読み込むことが可能なため、パフォーマンスデータを確認することが可能です。 内容 Message Analyzer でパフォーマンスデータを表示1. Message Analyzer を起動します。2. 「Open」をクリックします。3. .blg ファイルを選択します。4. blg ファイルの読み込みが行われます。ファイルサイズによっては時間がかかります。今回、1 MB 程度の blg ファイルを読み込...
  1. 2016/09/25(日) 21:47:22|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Service Profiler:パフォーマンスの監視かつトラブルシューティング用のMS 提供のサービス

概要 Microsoft 提供の、パフォーマンスの監視やトラブルシューティング用のサービス Service Profiler を紹介します。 内容 ASP.NET アプリのパフォーマンス監視、かつトラブルシューティング方法を例にとり、Service Profiler を紹介します。ASP.NET アプリのソースコードの修正は必要ありませんが、Azure ストレージにデーターを格納するため、Azure のサブスクリプションが必要です。Service Profiler 設定方法1. Service Prof...
  1. 2016/08/14(日) 22:41:59|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗号化される前のHTTPS 通信を、追加ソフトインストールなく確認する方法

概要 Windows 10 から、暗号化される前のHTTPS 通信を追加ソフトインストールなく確認することが可能です。 内容 暗号化されていないHTTPS 通信をキャプチャー暗号化される前のHTTPS 通信をNetsh コマンドでキャプチャーします。1. 管理者権限のコマンドプロンプトで、以下のコマンドを実行し、キャプチャーを開始します。 netsh trace start provider=Microsoft-Windows-WinINet-Capture traceFile=c:\temp\capture.etl2. Edge...
  1. 2016/08/07(日) 21:00:17|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WPR/WPA を用いたミニフィルタードライバーのパフォーマンス調査

概要 WPR/WPA を用いたミニフィルタードライバーのパフォーマンス調査方法を紹介します。 内容 WPR/WPA とは?WPR はWindows Performance Recorder の略で、WPA はWindows Performance Analyzer の略です。WPR/WPA は、Windows SDK に含まれており、フリーで使用することが可能です。WPR を用いてパフォーマンス情報収集まず、WPR を用いてパフォーマンス情報収集を行います。1. Windows Performance Recorder を起動します。2. 「...
  1. 2016/06/05(日) 21:30:35|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Media eXperience Analyzer:ビデオ再生時のトラブルシューティングに便利なMicrosoft 公開のフリーツール (2)

概要 ビデオ再生時のトラブルシューティングに便利なMedia eXperience Analyzer (MXA)を紹介します。前回トレースの採取方法を紹介しました。今回は採取したトレースの解析方法を紹介します。 内容 Media eXperience Analyzer の使用例ビデオ再生時に画面が数秒固まった、といったトラブルを例にとり、MXA (Media eXperience Analyzer) の使用例を紹介します。以下、トレース採取マシンにて採取したトレースを、MXA を用いて解析す...
  1. 2016/05/12(木) 23:12:06|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Media eXperience Analyzer:ビデオ再生時のトラブルシューティングに便利なMicrosoft 公開のフリーツール (1)

概要ビデオ再生時のトラブルシューティングに便利なMedia eXperience Analyzer (MXA)を紹介します。今回はトレースの採取方法を紹介し、次回に採取したトレースの解析方法を紹介します。 内容 Media eXperience Analyzer とはMedia eXperience Analyzer (MXA) とは、Microsoft よりフリーで公開されているツールで、ビデオ再生時トラブルシューティングに使用できるツールです。Media eXperience Analyzer の使用例ビデオ再生時に...
  1. 2016/05/12(木) 22:56:23|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WPR/WPA を用いてUI ハングの原因を調査

概要 UI ハングの原因を、Microsoft がフリーで公開しているWPR (Windows Performance Recorder) / WPA (Windows Performance Analyzer) を用いて調査する方法を紹介します。 内容 WPR / WPA のインストールWPR / WPA は、Windows SDK に含まれております。インストール時の「Select the features you want to install」の際に「Windows Performance Toolkit」にチェックを入れてください。 WPR / WPA を用いたUI バングの原因の調...
  1. 2016/03/23(水) 23:46:12|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (98)
ネットワーク (78)
Visual Studio (56)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
WinDbg (32)
コンテナ (1)
Linux (29)
Azure (17)
Tips (20)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する