troushoo

Visual Studio 2013 のコードエディタの新機能 (2)

概要・まとめ今回は、以下のVisual Studio 2013 のコードエディタの新機能を紹介します。 新機能 機能の概要 ピーク 関数の定義を、同じウィンドウ内で確認 CodeLens 開発者のためのヘッズアップディスプレイ 対応するカッコを自動で入力 対応するカッコを自動で入力 Alt + ↑/↓ 行を素早く移動させる 内容環境今回紹介するコマンドはVisual Studio 2013 Preview のC# で動作確認をしています。新機能紹介・ピーク”ピーク”...
  1. 2013/07/27(土) 23:07:53|
  2. Visual Studio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wireshark を用いて、IIS サーバーとのSSL/TLS 通信を復号

Wireshark を用いてIIS サーバーとのSSL/TLS 通信を復号する方法を紹介します。 手順大きく分けて以下の3ステップが必要です。 1. SSL/TLS 通信で使用している証明書を、PFX 形式でエクスポート 2. 作成したPFX 形式のファイルを、Wireshark に登録 3. SSL/TLS 通信が復号される以下、それぞれの手順を見ていきます。 1. SSL/TLS 通信で使用している証明書を、PFX 形式でエクスポートIIS マネージャー より、証明書をエクスポ...
  1. 2013/07/22(月) 22:26:10|
  2. Wireshark
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Visual Studio 2013 のコードエディタの新機能 (1)

【概要・まとめ】今回は、以下のVisual Studio 2013 のコードエディタの新機能を紹介します。 新機能 機能の概要 サインイン サインインすることで、Visual Studioの設定を複数の端末で同期 通知 Visual Studioからの通知を一元管理 スクロールバーの”マップ モード” スクロールバーで、ソースコードの概要を把握 “オプション”ウィンドウ “オプション”ウィンドウのサイズを変更可能 【内容】今回紹介するコマンドはVisual ...
  1. 2013/07/17(水) 22:49:27|
  2. Visual Studio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WPA (= Windows Performance Analyzer) でパフォーマンスの比較

WPA (= Windows Performance Analyzer) の新機能 “Comparative Analysis” について紹介します。このComparative Analysis を利用するとパフォーマンス比較ができ、パフォーマンスのトラブルシューティング時に有益となりえます。以下、ダウンロード・インストール方法から、“Comparative Analysis”の使い方までを紹介します。 【ダウンロード方法】今回紹介するWPA はWndows 8.1 SDK に含まれています。Windows 8.1 SDK のインスト...
  1. 2013/07/12(金) 23:01:49|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wireshark のProtocol Hierarchy : パケットキャプチャー時のプロトコルの概要把握

今回はWireshark の Protocol Hierarchy を紹介します。Protocol Hierarchy を利用すると、パケットキャプチャー時のプロトコルの概要がわかり便利です。【Protocl Hierachy の使用方法】0. Wireshark を起動し、パケットのキャプチャーを行います。1. “Statics” –> “Protocol Hierarchy” をクリックします。2. 以下のような”Protocol Hierarchy Statistics” ウィンドウが表示されます。【Protocol Hierarchy の特徴】Protocol Hie...
  1. 2013/07/08(月) 21:33:58|
  2. Wireshark
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メモ帳を使用して、ログファイルを作成する際に便利なTips

メモ帳(= notepad.exe) を使用して、ログファイルを作成する際に便利なTipsを紹介します。【手順】1. メモ帳を開きます。2. 最初の行に”.LOG” と記入し”Enter”を押します。3. 作成したファイルを保存し、ファイルを閉じます。ここでは、”MyLog.txt” というファイル名で保存しました。4. 3で保存したファイル(= MyLog.txt) を開きます。すると、ファイルの最後に、ファイルを開いた日時と時刻が記録されます。  5. この現在日時と...
  1. 2013/07/01(月) 21:23:15|
  2. Tips
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (80)
ネットワーク (37)
Wireshark (44)
Visual Studio (55)
WinDbg (34)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
Linux (19)
コンテナ (4)
Azure (17)
Tips (19)
AD (8)
.NET (24)
Python (6)
Java (5)
SQL (1)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する