troushoo

Wireshark 3.0 の新機能:localhost 間の通信をキャプチャー



Wireshark 3.0 より、ローカルホスト間の通信のキャプチャーが可能となりました。

手順
1. Wireshark 3.0 のインストール時に「Support loopback trafic (“Npcap Loopback Adapter” will be created)」にチェックが入っている事を確認します。(デフォルトでチェックが入っています。)


2. Wireshark を起動し「Npcap Loopback Adapter」をダブルクリックし、キャプチャーを開始します。


3.「ping –4 localhost」を実行し、localhost に IPv4 で ping を実行してみます。


4. localhost 間の通信がキャプチャーされていることがわかります。



Wireshark 公式サイト
https://www.wireshark.org/
  1. 2019/03/10(日) 22:20:07|
  2. Wireshark
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Active Directory のデータベースを表示 | ホーム | アクティブディレクトリーのオブジェクトの監査>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/388-a38302f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (82)
ネットワーク (39)
Wireshark (45)
Visual Studio (56)
WinDbg (35)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
Linux (19)
コンテナ (4)
Azure (17)
Tips (20)
AD (21)
.NET (24)
Python (9)
Java (5)
SQL (1)
事例 (1)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する