troushoo

PortQry を用いて Active Directory の接続をテスト

PortQry を用いて Active Directory の接続をテストする方法を紹介します。本記事では、UDP の接続のテスト方法を紹介します。

PortQry のインストール
1. Microsoft のサイトから PortQry をダウンロードします。


2. ダウンロードした PortQryV2.exe を実行し、任意の場所に PortQry をインストールします。



UDP の接続のテスト
以下のコマンドを実行します。
PortQry.exe -n <テスト先の FQDN> -p udp -e <ポート番号>
* PortQry は、C:\Windows\System32\drivers\etc\services を使ってポート番号に対するサービスを探し、そのサービスに適したメッセージを送ります。

例1:UDP 389 (LDAP) と接続できるかは以下のコマンドを事項します。
PortQry.exe -n myad.local -p udp -e 389

接続できる場合は「UDP port 389 is LISTENING」と表示されます。


例2:UDP 53 (DNS) が接続できるかは以下のコマンドを事項します。
PortQry.exe -n myad.local -p udp -e 53

接続できる場合は「UDP port 53 (domain service): LISTENING」と表示されます。


接続できない場合は「DNS query timed out」と表示されます。


例3:リッスンしていない適当な UDP ポートに対してテストをすると「UDP port 1234 (unknown service): LISTENING or FILTERED」と表示されました。



情報元

How to use PortQry to troubleshoot Active Directory connectivity issues
Using the PortQry command-line tool
  1. 2022/04/29(金) 22:58:39|
  2. AD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Google Admin Toolbox を使用してインターネットで dig を実施 | ホーム | Linux 上のブラウザの HTTPS 通信を Fiddler Everywhere を用いて復号>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://troushoo.blog.fc2.com/tb.php/519-1be69070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツール (114)
ネットワーク (54)
Wireshark (48)
AD (36)
Linux (45)
WinDbg (46)
SOS・Psscor2/Psscor4 (25)
Visual Studio (56)
Tips (32)
コンテナ (4)
Azure (17)
.NET (24)
Python (9)
Java (5)
SQL (6)
事例 (1)
英語 (1)
About Me (1)
未分類 (0)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する